2008年01月10日

VOCALOID2操作(調教)法(6)

6.打ち込みを開始する前に

 いよいよ曲を打ち込む。
 その前に、VOCALOID Editorで設定すべきことがいくつかある。

 (1) 横方向のスクロールバーを目いっぱい左に持っていって、プリメジャー(黒くなっている小節)の左端を表示する。



 (2) カーソルを鉛筆ツールにする。(右クリックメニューから「鉛筆」を選ぶか、ツールバーの鉛筆マークをクリックする。)
 (3) 左上の「TEMPO」と書いてあるカラムに、120.00のようなテンポが表示されているはずなので、必要であればそれをクリックしてテンポを修正する。
 (4) 「TEMPO」の下に「BEAT」というカラムがあって、そこに4/4といった拍子が表示されているはずなので、必要であればそれをクリックして拍子を変更する。
 (5) メニューの「表示」→「グリッドライン」にチェックを入れ、グリッドラインを表示する。
   特に変更していなければ、32分音符ごとにグリッドが表示されるはず。(この設定はメニューの「設定」→「クオンタイズ」で変更できる)ここから先の説明はそれを前提とする。


続く。
posted by だんちゃん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID調教法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77341370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。